美容・恋愛

【テカリやすい混合肌の私が選ぶ】20代、30代メンズにおすすめの化粧水8選!オールインワン化粧水も紹介!

20,30代になるとそろそろ肌ケアについて気にする方もいるのではないでしょうか。

20代後半がお肌にとって曲がり角と言われます。



できればそろそろ少しいい肌ケアをしたいですよね。

でも「化粧水ってたくさんあってどれがいいの?」ってなると思います。



のあ

今回は大学生の頃から美容にハマり、3、4年ほど色々な化粧品をためし続けた私が、「これはかなりいい!」と思った化粧水を紹介します。


私は混合肌なので、混合肌の人は参考になると思いますよ。


はじめに混合肌とは

脂っぽい部分と乾燥の両方があるのが「混合肌」です。



目の周りや頬が乾燥しやすかったり、鼻や頬の毛穴が目立つ場合、混合肌であることが多いです。



肌質についてはこちらの記事で詳しく触れています。


あるところは乾燥したり、あるところはテカったりと少しめんどくさい肌質ですね。



気になるテカリも肌の乾燥が原因になっている可能性が大きいことがあります。


おでこや鼻のまわりには皮脂腺が多く、これらの皮脂腺が乾燥をカバーしようします。

これにより皮脂を過剰に分泌しているかもしれないのです。



なので乾燥しているところはしっかりとした保湿を、

アブラっぽいなと言うところはサッパリとしたケアをしなければいけません。

混合肌の化粧水の選び方

次に混合肌の人がどんな化粧水を選べばいいか紹介します。

保湿力の高いもの優先して選ぶ

乾燥対策のためにも、保湿を十分に行えるものがいいでしょう。


高保湿成分のセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン配合の化粧水がおすすめです。

肌へのうるおいを与えて、乾燥によるベタつきをなくしましょう。

なるべく低刺激なものを

混合肌の人は、外部からの刺激に対して敏感な肌状態の人が多いです。


だからこそ、低刺激の化粧水を使うことで、外部刺激を減らしましょう。



余談ですが、また紫外線量が増える春~夏にかけては、

肌のバリア機能も低下しやすくなります。

なので、日焼け止めを塗ることも美肌の秘訣です。

角層まで浸透するもの

混合肌は、肌の内側からしっかり潤わせることが必要です。


なるべく角質層まで浸透する化粧水を選びましょう。

下で紹介する化粧水はどれも浸透力はすごいのでプチプラのものと比べてみてください。

メンズにおすすめの化粧水8選

今回紹介するのは、

プチプラと比べるとちょっと高めのブランドになってしまいます。



なので学生などで

「お金がないよ」といった方は、少し高いと感じてしまうかも知れません。



ちなみに高いと言っても化粧水は3~4ヶ月くらい使えるので、

1ヶ月あたりのかかる費用はそんなにかかりません。



のあ

私が「結局これ!」とたどり着いた化粧水はコスメブランドのものばかりです。



ブランド物の化粧水は使っていると、

写真撮ったときの肌つやは加工なしでも十分映えます



プチプラの化粧水とコスメブランドの化粧水を使って比べてみればわかりますが、

肌の調子の整い方が全然違う感じがしますね。



私の妹は肌が少し弱く、以前はプチプラの化粧水を使っていました。


ですがIPSAの化粧水に変えてから、プチプラの化粧水を使っている時と比べて、

肌の調子が良くなり、全く荒れなくなったそうです。



高いものは高いになりの機能を果たしてくれるので、

私は自信を持ってコスメブランドの質の良い化粧水をオススメします。


それでは紹介していきます。

IPSA ザタイムRアクア

画像は公式サイトより引用

IPSA ザタイムRアクア 200ml 4,400円(税込)

イプサ独自の保湿成分が潤いを閉じ込めてくれます。

それに加えて、バランスの整ったテカリにくい肌に整え、

肌荒れや大人の肌のニキビを防いでくれます。



イプサの化粧水は本当にリピーターが多いです。

ちなみに私の妹もリピーターです(笑)


敏感肌や乾燥肌のひとも気兼ねなく使えます。

IPSAの化粧水を試してみる↓

イソップ B & T バランシング トナー

画像は公式サイトより引用

イソップ B & T バランシング トナー 200mL 6,600円(税込)

イソップ(Aēsop)は、オーストラリア発のユニセックススキンケアブランド。



整肌成分とうるおい成分が配合されたアルコールフリーのバランスの取れた化粧水です。


うるおいのバランスを保ち、肌を引き締める効果があります。


トナーで肌を引き締めることで、乳液や美容液の保湿をより効果的に行えます。


使った後のベタベタ感もありません。

イソップの化粧水を試してみる↓

BULK HOMME THE TONER

画像は公式サイトより引用

BULK HOMME THE TONER 200ml 3,300円(税込)

バルクオム(BULK HOMME)は厳選した7つの共通美容成分を配合しています。



玉造温泉水がハリと潤いを与え、

水分を一定に保つ性質があるグリセリルグルコシドと、

水分保持力に優れたトレハロースで

肌の保湿をしっかりしてくれます。


メンズであれば誰もがしっくりくる化粧水だと思います。

BULK HOMMEの化粧水について詳しくはこちら!

バルクオムを試してみる

キールズ ハーバル トナー CL アルコールフリー

画像は公式サイトより引用

キールズ ハーバル トナー CL アルコールフリー 250g 4,400円(税込)

キールズは、1851年にニューヨークで誕生したスキンケアブランド。


アメリカでは、メンズスキンケア全米シェアNo.1の人気を誇ります。


「皮膚のガードマン」カレンデュラの花びらを配合。



敏感になりがちな季節も、調子の悪い肌も優しく包んで、肌を整えてくれます。


さっぱりとした使い心地で、肌トラブルを起こりにくくしてくれます。

キールズの化粧水を試してみる↓

オルビス ミスター ローション

画像は公式サイトより引用

オルビス ミスター ローション 150g 2,200円(税込)

オルビスミスターはオルビスが展開するメンズスキンケアブランド。



カルボニル化タンパクの蓄積によって清潔感や若々しさが失われるリスクが、

男性の方が高いことに着目したスキンケアアイテム。


ローカストビーンガム、キサンタンガムのマルチモイストシールドを形成することで、

保湿成分を逃さず、化粧水だけでも潤いのある肌にします。


ワンプッシュで適切な量が出るので、使いやすいのも特徴です。

オルビスミスターの化粧水を試してみる

リサージメン スキンメインテナイザー

画像は公式サイトより引用

リサージメン スキンメインテナイザー 130ml 3,300円(税込)

リサージメン(LISSAGE MEN)はカネボウが展開する人気メンズスキンケアブランド。



化粧水と乳液の充実感を1本にした保湿化粧液です。


「化粧液」と名前がついているように化粧水とは違い乳液も混ざっています。


天然精油100%のフレッシュな香りで香りも最高です。


リサージメンスキンメインテナイザーには「ZERO」「1」「2」の3種類があり、


それぞれ

ZERO→「みずみずしいさらさらタイプ」

1→「みずみずしいしっとりタイプ」

2→「コクのあるしっとりタイプ」

となっています。



1本でスキンケアが完了する手軽さも特徴です。


手軽ですが保湿力も抜群です。

リサージメンの化粧水を試してみる↓

BOTCHAN フォレストトナー

画像は公式サイトより引用

ボッチャン フォレストトナー 150ml 2,200円(税込)

ボッチャン(BOTCHAN)は、2018年に『「男らしく」を脱け出そう』をコンセプトに誕生したメンズスキンケアブランド。



おしゃれなパッケージで、洗面台におくだけでも映えます。


保湿・引き締め・テカリ防止効果のある天然植物エキスが、

肌の内側にある角質層から状態を整えてくれます。


アルコールフリーで敏感肌にも使用可能。


天然素材の香りも高級感あってオススメです。

ボッチャンの化粧水を試してみる

クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ

画像は公式サイトより引用

クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ 115ml 2,200円(税込)

クワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)は2014年に誕生したメンズスキンケアブランド。


植物エキスを凝縮したとろけるオールインワン化粧水。



1本で、化粧水・美容液・乳液の効果があります。


植物エキスでできた『とろみローション』が、肌の上でなじみ、

角質層で「うるおい膜」を形成します。



メンズの肌トラブル(乾燥/肌荒れ、ハリ不足、毛穴トラブル、皮脂トラブル)

に対応した4種の植物エキスを配合して、

うるおい肌へ導いてくれます。



肌の刺激を5つの無添加によってできるだけ排除しさっぱりとした使用感になっています。

クワトロボタニコの化粧水を試してみる↓

-美容・恋愛

© 2021 のあイズム Powered by AFFINGER5