美容・恋愛

バルクオムのシャンプーの効果や成分をメンズ美容家が解説!【育毛効果は?20代、30代で気になる髪の毛に】

20代、30代で気になる効果といえば育毛、増毛効果ですよね。



育毛、増毛効果があるようなシャンプーが欲しいと思う人も多いはず。


20、30代であれば今は大丈夫だけど、将来髪の毛がどうなるか不安な方も多いでしょう。



正直、僕も今は大丈夫ですが、将来は不安です。


今回はメンズコスメの代表格であるバルクオムから出ているシャンプーに

育毛や増毛効果があるのか

これからの髪の毛について不安な方に、使うとどのようなメリットがあるか


を解説します。



結論を先に言うとバルクオムのシャンプーには育毛、増毛効果はありません。



なので現状、薄毛が進行しているなと思う場合は、

AGAのクリニックに行ったほうが高い効果が得られます。



今はオンラインでもAGAのカウンセリングが受けれたりします。



しかし、このバルクオムのシャンプーは

「まだ薄毛が進行していない今は大丈夫!だけどこれからは不安。。。」

といった方におすすめできるものとなっています。


バルクオムのシャンプーのレビューはこちら!

「今はまだ髪の毛大丈夫」と言った方が今すべきこと

主に3つあると思います。

ポイント

・生活習慣を見直す

・髪と頭皮に負担をかけないシャンプーを使う

・頭皮が乾燥しないようにする


だいたいこの3つに気をつければ、

「自分がケアを怠って急に髪の毛がなくなっていく」


ということにはならないでしょう。

生活習慣を見直す

生活習慣は文字通り、食事や睡眠などです。


暴飲暴食はしない、お酒は程々に、

十分な睡眠を取るなど基本的なことなので、今回は詳しくは省きます。

髪や頭皮に負担をかけないシャンプーを使う

シャンプーの種類

・高級アルコール系・石油系

・石けん系

・アミノ酸系

大まかに3種類あります。

高級アルコール・石油系

市販でよく売られているのが高級アルコール・石油系です。



泡立ちがよく、値段が安いのが特徴です。



値段が安い分頭皮に刺激になってしまうこともあります。


なので20、30才で将来の髪の毛に不安ある方は、

避けたほうがいいシャンプーかも知れません。

石けん系

石けん系は皮脂がよく落ちて、洗浄力に優れています。



天然成分の石鹸は肌に優しいのが特徴です。


石けんシャンプーはカスが残りやすく、

しっかり落としていないとフケなどの原因になるので、

念入りにすすぎしなければいけません。


しかも、石けん系はあまりメンズ向きでは無いです。

アミノ酸系

アミノ酸系シャンプーとは、

洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使用しているものをさします。



他のシャンプー類に比べ高価ですが、

低刺激のため肌トラブルを抱えている方にはおすすめしたいシャンプーです。


美容師もおすすめしているシャンプーの種類で、

優しい洗浄力なので洗浄のしすぎで余計に皮脂が出ることはありません。



バルクオムのシャンプーは

このアミノ酸系シャンプーで肌に優しく設計されています。

リピーター続出のバルクオムのシャンプー!頭皮のケアに!

バルクオムの公式サイトはこちら

頭皮が乾燥しないようにする

余分な脂やフケなどは除去しつつも、頭皮は乾燥させてはいけません



頭皮が乾燥するとバリア機能が落ちてしまい、

炎症が起こりやすくなって頭皮が荒れてしまいます。



頭皮が荒れると薄毛の原因にもなってしまします。


例えば、熱いお湯で洗うことや、ドライヤーのしすぎは乾燥に繋がります。

バルクオムのシャンプーの効果

髪の毛のケアについて説明したところでバルクオムのシャンプーの効果を見てみましょう。

バルクオムのシャンプーの効果

1. 重く粘りのある持続泡 

ヤシ・パーム由来の保湿剤「ジグリセリン」が、厚い泡膜の形成をサポート。粘りと弾力のある濃厚泡で洗浄しながら、頭皮や髪を摩擦から守ります。

2. 植物性のクレンジング成分

植物性のクレンジング成分が、整髪剤や皮脂など毛穴に詰まった頑固な油性汚れを洗浄します。

3. 頭皮と髪に吸着保湿

洗浄によるキシみを解消し、髪に柔軟性を付与する吸着型のコラーゲンが、洗い流れにくい保湿膜を形成します。シャンプーの色はコラーゲンの色です。

公式サイトより引用


これだけ読んだだけではわかりづらいと思うので、大まかに大事な成分だけ説明します。

ジグリセリン

ジグリセリンはヤシ油とパーム油から作られ、濃密な泡を作ります。


強い粘りと弾力が頭皮を摩擦から保護します。


敏感肌やアトピー性肌の人向けの保湿剤にもよく配合されている成分で、

しっかりと頭皮を保湿してくれます。

植物性由来のクレンジング成分

ラウリン酸ポリグリセリルー10という

植物性由来のクレンジング成分を配合しており、

この成分も安全性が高く肌が弱い人向けの化粧品で多く用いられています。



またこの成分は整髪剤や皮脂を落とすだけでなく保湿作用もあります。

スキンケアと同じ成分を配合

バルクオムのはスキンケア発祥のシャンプーをうたっています。



シャンプーにもスキンケアと同じ基本の7成分が含まれており、

ジグリセリン、ラウリン酸ポリグリセリルー10と合わせて頭皮の保湿力も間違いないです。

基本の7成分

  • リンゴ果実培養細胞エキス→整肌、保湿
  • 温泉水→保湿
  • グリセリルグリコシド→保湿
  • 加水分解シルク→保湿
  • チャ葉エキス→整肌
  • ユズ果実エキス→整肌
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス→整肌

また、頭皮に悪影響を及ぼす成分を徹底排除しています。

6つのフリー

  • 石油系界面活性剤フリー
  • パラペンフリー
  • シリコンフリー
  • 合成着色料フリー
  • 鉱物油フリー
  • 紫外線吸収剤フリー

6つのフリーによって無駄に頭皮に刺激を与えないようになっています。

なぜバルクオムのシャンプーが20、30代のヘアケアにおすすめか

20、30代がすべきヘアケアとバルクオムのシャンプーの効果を述べてきましたので、

なぜバルクオムのシャンプーが髪の毛を気にしている20、30代におすすめかを解説します。



上で解説した通り、シャンプーによって髪の毛のケアをする際に気をつけることは、

ポイント

1.髪の毛や頭皮に負担をかけ無いこと

2.頭皮を乾燥させないこと

です。



まずバルクオムのシャンプーは低刺激性のアミノ酸系シャンプーなので頭皮に優しい作りになっています。


さらに6つのフリーによって低刺激なことにこだわっています。


肌が弱い人も使えるようになっているので、

髪の毛や頭皮に負担をかけません。



バルクオムのシャンプーが

スキンケアと同じ成分や植物由来のクレンジング効果が含まれていることから、

保湿に優れていることもお話ししました。



このことから、バルクオムのシャンプーは髪や頭皮ケアに良い成分がたくさん含まれているので、

将来髪の毛が不安な方にとって使うシャンプーにとても適しています。



なんとなく「将来髪の毛不安だな」と思う方は、

一度バルクオムのシャンプーを試していいかもしれません。

⇒バルクオムのシャンプーのレビューはこちら!

20、30代のヘアケアの超定番!

バルクオムの公式サイトはこちら

-美容・恋愛

© 2021 のあイズム Powered by AFFINGER5